Strong Point : このキーボードの特長

hp_1kana.png
五十音順にキーを配列

 誰もが知っている五十音順(あ・い・う・え・お…)の配列。一般的なJISキーボードのかな配列に比べ、文字配列の学習が容易。(一部多用する文字については配列を変更)

​目と腕にやさしいキー配列

 キーボード中央から広がるキー配列。他の五十音順キー配列に比べ、視線の移動が少なく、指・腕の動きも自然で、文字を入力しやすい。かなキー単独、もしくは[Shift]キーと同時にかなキーを押さえられれば、日本語入力が可能。

hikaku.png
hikaku.png
hikaku.png
​かな入力で直感的に入力可能

 日本語入力には「かな入力」を採用。入力したい文字のキーを押せばよい。濁音・半濁音・促音・拗音も[SHIFT]キーと入力したい文字のキーを押すだけでよい。よって、ローマ字を覚える必要が無い。大量の文字入力においてはローマ字入力よりキータッチ数で有利。加えて、「〒」(郵便番号)や「※」(米印)など、日常よく使う記号も入力容易。